【図解/高還元】Revolutカードの便利な使い方。auPAYプリペイドカードからもチャージ可能

お得な生活

利便性の高いカード「Revolut(レボリュート)」

無料で発行でき、プリペイドカードなどからチャージして支払可能。

疑問
疑問
  • auPAYプリペイドカードからチャージはできるの?
  • d払いに紐づけできるの?
  • Suicaへのチャージも大丈夫?

このような疑問を解決できると思います。

というか、答えはいずれもYES。

先に要点を1枚の画像にまとめました。

便利な使い方(チャージの流れ)
【図解】便利な使い方
  • 「TカードPrime→auPAYプリペイドカード→Revolut」

⇒実質2.75%還元d払い」なら+0.5%上乗せ

  • ガソリンスタンドもOK
  • VISAタッチ決済もOK
  • モバイルSuicaへもお得なルートでチャージ可能

持っていると便利なカードなので、もう少し詳しく解説していきます。

Revolutとは

イギリスを拠点とするRevolut社が提供する金融サービスです。

「レボリュート」と発音します。

外貨両替・送金・カード決済・支出管理等がスマホアプリで完結できるというもの。

2021年11月2日現在、世界で1,500万人以上が使用しているサービスです。

パパ
パパ

多機能ですが、僕は「カード決済」のみ活用しています。

Revolutは厳密にはデビッドカードですが、あらかじめチャージして支払うのが特徴。

実質、プリペイドカードと考えた方がイメージしやすいです。

アカウントは「スタンダード・プレミアム・メタル」の3種類がある。

スタンダード(無料)で十分に使えます。

(以下、スタンダードの内容で記述します)

Revolutカード(表)
Revolutカード(表)
Revolutカード(裏)
Revolutカード(裏)

〔Revolutの特徴〕

  • チャージして使用
  • 支払時のポイント還元はなし
  • 発行手数料・年会費無料
  • 国際ブランドはVISAのみ
  • VISAタッチ対応
  • 3Dセキュア対応(d払いやPayPayにも登録可能
  • 支払内容は即時にアプリに反映
  • ガソリンスタンドOK
  • クレジットカード(VISA・Mastercard)からチャージ可能
  • 一部のプリペイドカード(VISA・Mastercard)からチャージ可能
パパ
パパ

auPAYプリペイドカードからチャージ可能。

チャージ時のポイント付与もあります。

※ポイ活界隈で有名なTOYOTA WalletKyashのうち「クレカでチャージしたKyash残高」6gramからはチャージ不可

ママ
ママ

dカードプリペイドもRevolutへチャージ可能。

ですが、そもそもdカードプリカへ「クレカからのチャージが不可」なのでオススメできません。

Revolutを持つメリット

最大のメリットは「チャージ段階ごとにポイントがもらえる」点です。

そして、ポイントの取りこぼしも防げます。

お得なチャージの流れ

もう一度冒頭の画像を載せます。

全体像を確認したうえで、順番に解説します。

お得なチャージの流れ
お得なチャージの流れ

ステップ1(TカードPrime→auPAYプリペイドカード)

TカードPrime
TカードPrime

TカードPrimeは日曜に支払するとTポイントが1.5%還元(200円で3P)されるカード。

auPAYプリペイドカードにチャージする際もポイントが付きます。

なので、「日曜にauPAYプリペイドカードへチャージ」します。

パパ
パパ

TカードPrimeは通常「日曜のお買い物だけ」がお得になります。

でも、日曜にチャージさえすれば、チャージ後の残高は何曜に使っても問題なし

これで日曜縛りを解除

【関連記事】

ステップ2(auPAYプリペイドカード→Revolut)

auPAYプリペイドカード
auPAYプリペイドカード

auPAYプリペイドカードは、支払時にPontaポイントが0.5%還元(200円で1P)されるカード。

こちらは曜日の縛りはないので、好きな時に「auPAYプリペイドカードからRevolutへチャージ」してください。

ママ
ママ

200円で1P還元なので199円までの支払にはポイントなし。

でも、200円の倍数でRevolutにチャージすれば、ポイントの取りこぼしを防止できます。

Revolutへのチャージは「2,000円以上1円単位」で可能。

⇒「200の倍数」でチャージしましょう。

(僕は普段、1万円とかにしてます。)

ステップ3(Revolutで支払)

Revolutカード
Revolutカード

最後に、Revolutで支払います。

VISAカードなので、非常に多くのシーンで利用可能。

ガソリンスタンドや月額課金等でも使えることが多いので、auPAYプリペイドカードよりも汎用性がUP

パパ
パパ

auPAYプリカはICチップがついてないので、サインを求められることも多いです。

RevolutはICチップも付いてGOOD。

デザインもカッコいい(と僕は思う)

【おまけ】ステップ3-1(Revolutを紐づけた「d払い」で支払)

d払いが使える店では「Revolutを紐づけたd払い」での支払いがオススメ。

dポイント0.5%還元(200円で1P)が上乗せできます。

パパ
パパ

次の画像のとおり、紐づけ実証済。

実際にポイントの3重取りができました。

(Tポイント、Pontaポイント、dポイント)

【おまけ】 ステップ3-2(Revolutに紐づけた「PayPay」や「楽天Pay」で支払)

d払いに限らず「PayPay」や「楽天Pay」にも紐づけ可能。

PayPayなら、3Dセキュアで本人認証すれば月250,000円まで支払可能。

だだし、d払いとは異なり、支払時のポイント還元はありません

パパ
パパ

PayPayの場合、「PayPay残高」か「Yahoo!カード」での支払に限り還元があります。

なので、Revolutを紐づけても還元はありません。

なので「カードは使えないがPayPay(楽天Pay)なら使える」という店舗での支払手段として考えておけばOK。

なお、PayPayは頻繁に還元キャンペーンを実施していますが、

キャンペーンごとに、対象が「PayPay残高での支払限定」だったり「PayPayに紐づけたカードでの支払はYahoo!カードに限定」だったりと条件が定められています。

なるべくお得に還元キャンペーンに乗っかろうとして「Revolutを紐づけたPayPay」で支払ったものの『実はキャンペーン対象外だった…』とならないように、ご注意ください。

その他の小技(auPAYプリカ→Revolut→モバイルsuica)

パパ
パパ

モバイルsuicaを使う方に朗報。

Revolutを経由してモバイルSuicaへチャージ
Revolutを経由してモバイルSuicaへチャージ

「TカードPrime→auPAYプリペイドカード」までは先述のとおりポイントが付きます。

次にauPAYプリカから「モバイルsuica」にチャージしたいところですが、その際はポイントが付きません

公式ページにもその旨明記。)

そこで、Revolutを経由してモバイル Suicaにチャージします。

そうすればPontaポイントを取得できます

ママ
ママ

モバイルSuicaでの支払時の還元を考えれば、先述の「d払い」同様に非常にお得ですね。

まとめ

Revolutカードのお得な使い方をご紹介してきました。

最後に簡単に要点をおさらいします。

Revolutカードの便利な使い方

  • チャージ段階で各種ポイントが貯まる
  • Revolutに金額を集約し出口(支払手段)として支払えば便利
  • ガソリンスタンドもOK
  • d払いやモバイルSuicaが使えるシーンでは、さらに還元があるのでお得。

Revolutの公式HPのリンクを貼っておきます。

お金を管理する優れた方法
1つのアプリでお金のすべてを管理。毎日の支出を節約、投資に利用して、将来の計画に備えましょう。Revolutはお金から得るものを増やせます。

ちなみに、発行時、カードは面白いギミックのケースに入って届きました。

面白いギミックのケース(片方引いたらもう片方も動く。)
片方引いたらもう片方も動く

この時点でイケてますね。

といったところで今回はこのあたりで。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【関連記事】

【TカードPrime/日曜1.5%還元】auPAYプリペイドカードと相性抜群。ポイ活には必須のクレジットカード
TカードPrimeは日曜支払で1.5%還元のクレジットカード。auPAYプリペイドカードにチャージ可能でポイントも付与されます。年会費も実質無料。ポイントサイトを経由して発行すればお得なので紹介コードも貼っておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました