【ポイント二重取り】au PAYプリペイドカードは便利な1枚。Revolutへのチャージでさらに便利に

お得/蓄財

<補足情報・重要!>

【2022年4月18日・5月9日追記】

パパ
パパ

これまでは「TカードPrime(クレカ)からau PAYプリカへ日曜にチャージ」で高還元を受けられていました。

その情報を中心に記事執筆していましたが、2022年2月にTカードPrimeが改悪

下記内容は重要なので、本記事を読む前にご確認をお願いします。

au PAYプリカは引き続き、優秀です

下記tweetでも触れているとおり、

「2022年2月頃にTカードPrimeの会員規約の変更があり2022年8月1日利用分から「au PAY等へのチャージ時はポイント付与対象となります。

パパ
パパ

下記tweetでは、TカードPrimeに代わるカードの候補にも触れています

パパ
パパ

補足が長くなりましたが、本題に入ります!

「au PAYプリペイドカード」はシンプルな方法で実質2.75%還元が実現します。
(以下:au PAYプリカといいます)

本記事の概要
本記事の概要
  • ポイント二重取り可能
  • TカードPrimeと相性抜群
  • 「au PAY(スマホ)が不可」でもプリカがあればOKなお店多数

持っていると便利なカードなのでご紹介します。

ちなみにauユーザー以外の方でもauじぶん銀行の口座があれば作れます。

【2021年11月3日追記】

auPAYプリペイドカードはお得ですが、Revolutも使うと利便性が飛躍的に向上します。

パパ
パパ

より多くのシーンで支払可能にできる

200円未満の支払い分もポイントの取りこぼしを防げる

次の記事もぜひご覧ください。

au PAY プリペイドカードとは?

au PAYプリペイドカード

一言で表現するなら…

スマホ決済 au PAYの残高「クレカ(Mastercard)が使えるお店」の多くで利用可能にできる便利なカード

もう少し、かみ砕いて概要を見てみます。

  • Mastercardブランドのプリペイドカード
  • 入会金・年会費無料・審査なし
  • スマホ決済「au PAY」と同じく0.5%還元
    (税込200円支払につき1Pontaポイント)
  • クレカからチャージ可能(チャージ先は「au PAY残高」

クレカからチャージする際クレカ側のポイントも貯まります。

そのうえでau PAY残高で支払えば+0.5%還元!

【注:貯まらないクレカもあります】←後述

  • 【iPhone限定】Apple Pay(QUICPay)でも支払可能
  • 携帯回線がauでなくても、auじぶん銀行の口座があれば取得可能
パパ
パパ

僕はauではありませんが「auじぶん銀行口座」があるのでau PAYプリカを取得できました

いくつか把握しておくべき注意点も。

  • チャージに使用可能なクレカは次のとおり
    (2021年8月17日現在)
チャージに使用できるクレジットカード
チャージに使用できるクレジットカード一覧
au公式HP】より2021年8月17日に引用し、一部着色。
ママ
ママ

MastercardやAMEXであれば、クレカの発行元に関わらず利用可能

  • クレカからau PAYプリカへチャージできてもポイント付与対象外のカードも存在
    (「JALカード」、「リクルートカード」、「dカード」、「ビューカード」、「MUFJカード」など)
パパ
パパ

後述しますが、Tポイントがザクザク貯まる「TカードPrime」は付与対象。

また、利用者が多い「楽天カード」も付与対象なのでご安心ください。

【参考「楽天カードよくある質問」より次画像引用】

【2022年4月1日追記】

ママ
ママ

2022年7月1日~楽天カードはポイント還元対象外へ…

(以下のtweetのとおり)

  • 名前が似ている「au PAYカード」はクレカ。←別物
  • 一部使えない店舗・サービスがある
    (各種通信料金や公共料金/ガソリンスタンド等)
パパ
パパ

これはプリペイドカード特有のデメリット。

でも、クレカが使えるお店では、それなりに多くの場合、使用可能です。

(ちなみに、Revolutを活用すれば、このデメリットの大部分を補うことが可能。個人的にとてもオススメ)

  • 1回あたりの支払上限は25万円
  • TOYOTA Walletからau PAYプリカへのチャージは不可
パパ
パパ

【2022年4月1日現在、この吹き出し内の記述は気にしなくて大丈夫です】

【参考まで、打ち消し線のうえ、残します】

我が家のメインカード「6gram(リアルカード)」はこれができるのが強いのですが、au PAYプリカは残念ながら不可

【2021年9月17日追記】

2021年9月27日~TOYOTA Walletから6gramのチャージ(1.5%還元)が不可に

→これまでは6gramが我が家のメインカードでした。

ですが、高還元が実現できなくなったので、相対的にau PAYプリカが我が家のメインカードに昇格。

au PAYプリペイドカードを僕が多用する理由

TカードPrimeと相性が良いから(実質2.75%還元)

「TカードPrime」→「au PAY残高」へチャージ

ポイント付与対象

【関連記事】

「日曜支払でTポイント1.5%還元。その他の曜日は1%還元」というクレカなので、

  • 日曜日にau PAY残高へチャージ→Tポイント1.5%還元
  • au PAYプリカで支払→Pontaポイント0.5%還元

⇒計2%還元

パパ
パパ

今回の方法ならTカードPrimeの「日曜」縛りを解できます。

さらに、Pontaポイントも0.5%上乗せ。

au PAYのキャンペーンが毎度結構アツいから

au PAYは結構な頻度でお得なキャンペーンが行われます。

パパ
パパ

高頻度でお得なキャンペーンがあるのでau PAYはオススメ。

au PAYをお得に使うには残高にチャージするので、au PAYプリカがあれば残高消化に便利

ポイントの二重取りがお得だから

シンプルに「クレカ支払よりも+約0.5%多く還元を得られる」のは大きいです。

パパ
パパ

au PAYプリカは持っておいて損はないと思います

併せて知っておきたいPontaポイントのお得技

Pontaポイントは、1P=1円として使用できます。

ここで、小技を紹介します。

【前提】Pontaポイントは直接使用しないのがお得!

次のステップを踏んでください。

  1. Pontaポイントをau PAY残高にチャージ
    (au PAYアプリで)
  2. au PAY残高で支払
  3. 200円に1P還元

→Pontaポイントでの支払にも還元が発生!

大した手間ではないので、ぜひお試しください。

さいごに

au PAYプリカは「au PAY(スマホ決済)」と残高を共有できる便利なカード。

僕のようにauユーザー以外でも「auじぶん銀行」の口座があれば取得できますので、検討の余地ありだと思います。

【申込ページのリンク】

au PAY プリペイドカード|ポイント・決済|au
auの決済サービス「au PAY(エーユーペイ) プリペイドカード」をご紹介致します。店舗・ネットのお買いもので便利にお使いいただけます。

といったところで、今回はおしまいにします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました