最新版「高還元チャージルート」をチェック

【楽天ギフトカード】楽天証券での投信積立をお得に。高還元ルートまとめ

  • URLをコピーしました!

2022年6月19日に楽天証券で「楽天キャッシュでの投信積立」が開始。

パパ

楽天キャッシュの調達を少し工夫すれば、投信積立がお得に

ママ

✅重要な点は「楽天ギフトカード」の購入方法!
➔概要を1枚にまとめました

もう少し詳しく見ていきます。

目次

楽天証券「楽天キャッシュでの投信積立」の概要

仕組み(基本0.5%還元です)

  • 楽天キャッシュで投信積立が可能に
    ➔2022年6月19日~積立設定可能
    (買付指定日は2022年8月1日~
  • 「楽天カード➔楽天キャッシュ」チャージで0.5%還元
  • 楽天キャッシュでの投信積立は(通常)還元なし
パパ

期間限定キャンペーンとして「2022年8月~12月買付分」は0.5%還元

ママ

つまり
2022年8月~12月分
(1)「楽天カード➔楽天キャッシュ」0.5 %還元
(2)「楽天キャッシュでの投信積立」0.5 %還元(期間限定)

合計1%還元
(※2023年1月からは(1)の0.5%還元のみ

ここで「楽天カード」投信積立の条件変更(改悪)をざっくり説明します。

  • 2022年8月買付分までは、全銘柄1%還元
    ➔9月買付分からは多くの優良銘柄が0.2%還元
ママ

改悪(1%➔0.2%)によるユーザー心理を補いつつ、自社の決済サービスを普及する狙いで楽天キャッシュでの投信積立(基本0.5%還元)が始まった感じでしょうか

本当に「0.5%還元」なのか?【答えは「0.5%とは限らない」】

パパ

先ほど「楽天キャッシュでの投信積立」はキャンペーン期間を除けば「基本0.5%還元」だと説明しました

ママ

本当にそうでしょうか?

0.5%還元は「楽天カード」から楽天キャッシュにチャージした際の還元率

ママ

楽天キャッシュは「楽天ギフトカード」を購入し、チャージすることも可能
楽天ギフトカードを0.5%還元超で購入できれば、よりお得に投信積立が可能に

「楽天ギフトカード」をお得に購入する方法

楽天ギフトカードとは(概要)

コンビニやドラッグストア等で買えます。
主な特徴は次のとおり

  • 金額指定タイプなら「1,500円~50,000円」で選択可能
ママ

楽天キャッシュでの投信積立は月5万円が上限。
ご自身の積立金額に合わせてご購入を。
(5万円超を買いたい場合は、複数枚買えばOK)

  • 購入後は専用サイトにアクセスし、PIN番号を入力すれば「楽天キャッシュ」として受取可能
  • 受け取る楽天キャッシュは「基本型」
    ➔出金不可
ママ

〔参考:楽天キャッシュの種類
基本型は出金不可、プレミアム型は出金可

  • カード購入日から6カ月以内に「楽天キャッシュの受取」が必要
ママ

忘れないよう、すぐ受取を

  • 受け取った「楽天キャッシュ」は最終利用日から10年間有効

「0.5%還元超」3つのルート

「お得&比較的再現性の高い」3つのルートをまとめました。
まずは、次の画像をご覧ください。
(その後、個別に解説します)

では、個別にみていきます。

【ルート1】ウエルシア(マツモトキヨシ)で現金購入

パパ

現金購入なのでシンプル(我が家も採用)
ウエル活に最適。
実際に10万円分買ってきました。

  • ウエルシアで現金購入
    1%分Tポイント獲得【オススメ】
ママ

Tポイントはウエル活(過去記事)で1.5倍の価値

「月曜Tポイント2倍」などのキャンペーンは対象外
(常に1%還元)

パパ

個人的にはウエルシア推しですが、近くにない場合は、マツキヨでも1%還元で購入可能

  • マツモトキヨシで現金購入
    ➔1%分のマツキヨポイント獲得

【ルート2】ファミペイを利用(ファミリーマートでFamiPay払い)

パパ

〔ルート1〕結構オススメ

ママ

〔ルート2〕はチャージ時の還元率は1%と高いですが、ポイント付与対象が月2万円までと制約があるので、それ以上投資したい方には向きません

  • 「ファミマTカードからファミペイアプリ」へチャージ&「FamiPay払い」で購入
    ➔【チャージ時】0.5%分のFamiPayボーナス獲得
    ➔【支払時】0.5%分のFamiPayボーナス獲得
    合計1%還元

【ルート3】nanaco(Apple Pay)を利用(セブンイレブンで購入)

このルートはIPhone限定です!

パパ

〔ルート1〕高還元(1.5%~2.5%程度)が狙えるうえ、お手軽なのでオススメ
➔ただし、将来的に防がれてしまう可能性が高そう?
(2022年6月16日時点でau PAYプリカの公式ページにも利用不可店舗として「nanaco」が記載されています。この時点では、実際にはチャージ可能ですが、近いうちに封鎖される可能性があります)

  • 高還元が狙えた「クレカ➔MIXI M(旧6gram)➔nanaco」のうち「MIXI M(旧6gram)➔nanaco」が2022年6月9日に封鎖(チャージ不可に)
  • 僕も多用していた高還元ルート「クレカ➔au PAYプリカ➔Revolut」のうち「au PAYプリカ➔Revolut」が2022年6月14日に封鎖(チャージ不可に)
ママ

〔ルート2〕はチャージ時の還元率は1.2%と高いですが、ポイント付与対象が月3万円までと制約があるので、それ以上投資したい方には向きません

  • 「クレカ➔au PAYプリカ➔nanaco(Apple Pay)」は高還元でお手軽
    (※au PAYプリカの公式ページの情報や類似事例から推測すると、将来的に塞がれそう)

まとめ

パパ

冒頭にお示しした概要をまとめた画像をもう一度掲載します。
おさらいがてらご覧ください。

といったところで今回はこのあたりで失礼します。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる