【楽天モバイル×mineo】月1,265円で通話・ネットが使い放題!デュアルSIM運用で「パケット放題 Puls」がおすすめ【IIJmioと迷った】

お得な生活
ママ
ママ

パパはもうすぐ楽天モバイルと契約して1年が経過し、無料期間が終わるけど、今後はどうするの?

僕は2020年7月から楽天モバイルユーザー。

あの大々的なキャンペーンにより、1年間・通話もネットも無料で使用させていただきました。

パパ
パパ

あ、もうすぐ無料期間終了か…

今後どうしようか…

同じ悩みを抱えておられる方も多くいるかと思います。

また、シンプルに「スマホ料金を安くしたい」と考えておられる方もいるかと思います。

最終的に僕は、

  • 「楽天モバイル」は継続使用
  • そこに「mieno(データ通信のみのsim)+パケット放題Plus」を追加【今回新規契約】

最高に満足

パパ
パパ

通話・ネット(最大1.5Mbps)が月額1,265円で実質使い放題!

12:00~13:00のネット回線の混雑時間でも、ほぼストレスなく使用できています。

記事にてもう少し詳しくご紹介したいと思います。

ぜひご覧ください。

前提(僕のスマホ使用頻度とデュアルSIMについて)

【前提1】僕のスマホ利用頻度は以下の感じ。

・月のデータ通信量は8GB~12GB程度

1日あたりYouTube動画を約1.5時間が主なデータ使用。その他、WEB検索・LINE・Spotify等も必要に応じて使用。

(家では光回線「楽天ひかり」を使用)

・通話はたまにする程度

→身近な人とはLINEの無料通話を使用。携帯番号からの通話は月に数回。

楽天モバイルの現行料金プラン(2021.7月現在)

楽天モバイルの料金プラン
【公式HP】https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/?l-id=top_un-limit-banner_fee_unlimit より引用(2021年8月8日現在)

僕の場合、使用データ量が月8~12GB程度なので、

楽天モバイルだと月額2,178円(税込)

→十分に安いが、さらに安くできないか検討。

\楽天モバイルの詳細はコチラ/

【前提2】デュアルSIMの概要は次のとおり。

・僕のスマホはデュアルSIM対応(※eSIMは非対応)

→機種は、SIMフリー端末であるOPPO Reno A(必要十分な性能で満足)

デュアルSIM対応なので、SIMカードが2枚入ります。

スマホ設定画面(デュアルSIM設定)
デュアルSIM時の設定の例

SIMを2枚入れると、画像のように

  • ダイヤル(通話)をSIM1/SIM2のどちらで行うか(または、両方で行うか)
  • インターネットをSIM1/SIM2のどちらで通信するか

を選んで運用することとなります。

料金プランの候補案(3パターン)

最終的に「候補3」の「楽天モバイルとmineoのデュアルSIM運用」に決めました。

候補1)「楽天モバイル」を単体でそのまま使用

先述のとおり僕の場合、月の支払料金は税込2,178円。

通信速度は1年間使用したところ、個人的には全く問題なし。

候補2) 「楽天モバイル」と「IIJmio(データ通信のみのsim)8GB or 15GB」を併用

楽天モバイルは、データ通信が1GBまでであれば0円。

通話もRakuten Linkアプリを使用すれば0円

この破格部分を活用する案です。

通話はRakutenモバイルのSIMを使用し0円で運用。

データ通信用としては、IIJmioのデータ専用SIMを契約する案です。

IIJmioのデータ専用プラン(2021年8月8日現在)
IIJmioのデータ専用プラン(2021年8月8日現在)
【公式HP】https://www.iijmio.jp/gigaplan/ より引用

8GBであれば税込1,408円で高速通信が可能。(楽天モバイルのSIMに切り替えれば、楽天モバイル分の1GB分も使用可能。)

【注意点】

容量超過後は、最大300kbpsに速度が低下します。

YouTubeの動画を見る場合、300kbpsでは厳しいと思います。

パパ
パパ

過去に他社SIMで200kbpsという速度を体感したことがありますが、YouTube動画はすぐに止まり、ストレスMAXといった感じ。300kbpsは、それよりは多少マシなのでしょうが、期待はできないです。

僕の場合、多い月は12GBくらい使うことがあるので、8GBプラン(実質9GB)では少しもの足りないと判断しました。

15GBなら、安心できる容量。料金は1,738円。←楽天モバイル単体で使用し続けるよりも、僕の場合は安くなります。

IIJmio の「eSIM」でのデータ専用プラン(2021年8月8日現在)
IIJmio の「eSIM」でのデータ専用プラン (2021年8月8日現在)
【公式HP】https://www.iijmio.jp/gigaplan/ より引用

eSIMのプランなら更に安くなります。

パパ
パパ

eSIMとは、Embedded SIM(組み込み型のSIM)のこと。

eSIM対応のスマホなら、通信業者とeSIM用のプランを契約することで、新たに物理SIMカードを入れなくても通信が可能に。

5Gの高速データ通信可能で、8GBで税込1,100円15GBで税込1,430円はかなり安い!

僕のスマホがeSIM対応機種だったら、IIJmioのeSIMを選んでいたと思います。

候補3)「楽天モバイル」と「mieno(データ通信のみのsim)1GB+パケット放題Plus」を併用【←採用】

今回、最終的に採用したプランです。考え方のベースは「候補2」と同じです。

通話は楽天モバイルを活用し、データ通信用にmineoを組み合わせるというもの。

そして、ここがミソです!

mineoには、オプションとして、「パケット放題 Plus」があります。

パパ
パパ

「パケット放題 Plus」はあくまで「オプション」なので、ベースの契約に付加する形となります。

今回のキーポイントは、この「パケット放題 Plus」なので、ベースの契約部分より先に概要をご紹介します!

パケット放題 Plusの説明
【mineo公式HP】https://mineo.jp/service/data/packet-free/ より、2021年8月8日に引用

パケット放題 Plusは、月額385円(税込)で、通信速度が最大1.5Mbpsで使い放題になるというもの。

この1.5Mbpsという設定が絶妙で、YouTubeやWEB検索、LINE、Spotify等の使用であれば、ほぼストレスなく使用可能!

mineoユーザーの声(サービスの使い心地)
【mineo公式HP】https://mineo.jp/service/data/packet-free/ より、2021年8月8日に引用

公式HP掲載のアンケート結果でも、多くの方が問題なく利用できたと回答しています。

富山市在住の僕も、1週間以上使用しましたが、休日・平日を問わず、ほぼ問題なく使用できています。

パパ
パパ

僕が数年前に使用していた他社の格安SIMでは、平日の昼(12:00~13:00)に非常に遅くなることが多々ありました。

mineoについては最大1.5Mbpsでも、ほぼ遅延なくYouTube閲覧ができています。

(ちなみに、高速通信と低速通信(オプションで1.5MbpsまでUP)の切り替えはアプリで簡単にできます。僕は1.5Mbpsで十分なので基本「低速通信」モードで使用。)

ここまで「パケット放題 Plus」 について、ざっと記載しました。

では、ベースプランを見てみます。

僕の場合、オプションで使い放題となる速度(1.5Mbps)で十分なので、ベースの契約部分は最安プランを選択します。

mineoのデータ専用プラン
mineoのデータ専用プラン(2021年8月8日現在)
【mineo公式HP】https://mineo.jp/price/ より引用

1GBで税込880円。つまり、

「1GB(880円)」+ 「パケット放題 Plus(385円)」=1,265円

パパ
パパ

通常使用時は、mineoのSIMでデータ通信をするよう設定。(常時最大1.5Mbpsで使用。)

これで必要十分なのですが、より高速な通信が必要な場合は、mineoアプリで高速通信に切り替えれば1GBまで使用できます。

さらに必要になれば、楽天モバイルのSIMに切り替えれば、もう1GBまでは高速通信可能です。

ここまでご紹介したとおり、僕の場合、「楽天モバイルとmineoの併用」が最安の1,265円となったので、mineoと契約しました。

お得感・使用感ともに大満足しております!

契約事務手数料3,300円を無料にする方法(簡単)

ここで、知っているだけでお得になる話をご紹介します。

普通に契約すると契約事務手数料が3,300円かかるのですが、Amazon等でエントリーパッケージというものを購入すると、契約事務手数料が無料になります。

Amazonで販売されているエントリーコード
Amazon.co.jpの商品ページ(mineo エントリーパッケージ)より引用

そのエントリーパッケージを購入するのに数百円がかかりますが、普通に契約すると3,300円がかかるので3,000円ほどお得に契約できます。

パパ
パパ

ちなみに、僕は2021年7月25日にAmazonで税込100円で購入したので3,200円お得でした。

本記事執筆2021年8月8日時点ではAmazonでは税込350円でした。楽天市場やYahoo!ショッピングでも取り扱いがあったので、お好みでどうぞ。

最後に

菅内閣発足後、スマホの料金の値下げ競争が加速してきました。

正直、僕は2015年くらいから格安SIMを使用してきていたので、これまでも月々2,000円前後の比較的安い料金でスマホを使用してきました。

(直近1年は楽天モバイルの神キャンペーンにより0円でした。ありがとうございます!)

パパ
パパ

でも、昔の格安SIMは、外出先でYouTubeなんて考えられない状況でした。

近年の格安SIMの品質は格段に向上しています。

価格面もさることながら、品質の向上が本当にありがたい。

自分に合った選択をすれば、料金面でも品質面でも満足してスマホが楽しめる時代になり本当に嬉しく思います。

この記事が皆様のお得なスマホライフの一助になれば嬉しく思います。

今の僕の状況には「楽天モバイル」と「mineo」の併用が最適と判断し、契約をしました。

ただ、いろいろと検討する中で、「IIJmio」のプランも非常に魅力的に感じました。

今後、自分のスマホ機種が変わった際は、大いに検討の余地があると思っています。

機種変更後も解約手数料なく乗り換えができる時代になってきたので、その辺も嬉しいポイントかと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【関連】mineoの申込やデュアルSIMの設定方法を別記事にしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました