【Windows/「Alt」+「P」】プレビューウィンドウが意外に便利!PDFが表示できない場合の対処法も解説

コラム~Z家の日常~
パパ
パパ

Windowsで「AltP」を押すとプレビューウィンドウが開くのをご存知ですか?

ご存知の方はすみません、本記事は、役に立ちません。。

一方、Windowsユーザーだけど、「プレビューウィンドウを知らない」という方は、ぜひご覧ください。

プレビューウィンドウを使えば、数あるデータから、求めているものを素早く見つけられます。

本記事では、画像を用いながら、プレビューウィンドウの活用法を書きます。

また、Windows10の初期設定ではプレビューウィンドウにPDFデータが表示できない可能性があります。

その解消方法も併せてご紹介します。

プレビューウィンドウとは?

次の画像をご覧ください。

プレビューウィンドウ
  • 赤枠で囲った部分がプレビューウィンドウ
  • 対象ファイルを選択するだけでプレビューが見られる
  • AltPで表示、非表示が切替可能
  • PDF、Wordデータ、Excelデータ、画像データ等にも対応

こんな感じで、いちいちファイルを開かなくても、大体の内容を確認することができ、便利です。

パパ
パパ

ファイル名でデータの内容がわかる場合は、あえてプレビューウィンドウを表示する必要はありません。

PCの性能によっては、かえって動作がモッサリすることがあるからです。

AltPで、表示・非表示を一瞬で切り替えられるので、通常時は非表示にしておいて、必要に応じて表示させるのがオススメ!

プレビューウィンドウが効果的な場面

内容がわかりにくいファイル名の例

プレビューウィンドウなら内容がすぐわかる

ファイル名だけで内容がわかりにくい場合、プレビューウィンドウは非常に有効です!

プレビューウィンドウを縮小した様子

ちなみに、プレビューウィンドウのサイズ変更も容易です。

ご自身が使いやすいサイズに調整してください。

PDFがプレビューウィンドウに表示されない場合

Windows10の初期状態では、プレビューウィンドウを表示させても、PDFデータが表示できない場合があります。(私はそうでした。)

簡単な作業をすることで、以降、表示が可能となりますので、手順を紹介します。

まずPDFデータ閲覧時の「通常使用するプログラム」にAdobe Acrobat Reader DCを設定

※ Adobe Acrobat Reader DC がインストールされていない場合は、Adobeの公式サイトから無料でダウンロードできます。

acrobatreaderセッティング1

pdfファイルを選択し、右クリック⇒プロパティ

acrobatreaderセッティング2

初期設定では、「プログラム:Microsoft Edge」になっているので、変更をクリック

acrobatreaderセッティング3

Adobe Acrobat Reader DCを選択し、OKをクリック

acrobatreaderセッティング4

最後にOKをクリックで、 「通常使用するプログラム」 を Adobe Acrobat Reader DC に変更できました。

次にAdobe Acrobat Reader DC の初期設定を変更

次に、 Adobe Acrobat Reader DC を開いてください。

Adobe Acrobat Reader DC(編集タブから環境設定をクリック)

編集タブから環境設定をクリック

Adobe Acrobat Reader DC(「分類:一般」から「Windows Explorer で PDF サムネールのプレビューを有効にする」にチェック)

「分類:一般」から「Windows Explorer で PDF サムネールのプレビューを有効にする」にチェックを入れる。

これで、プレビューウィンドウにPDFデータが表示されるようになるはずです!

まとめ

今回はWindowsのプレビューウィンドウの機能をご紹介しました。

簡単なショートカットキー(AltP)でプレビューウィンドウの表示・非表示が切替できるので、今まで活用していなかった方は、ぜひ試してみてください。

きっと、役立つシーンもあると思います。

ちなみに、過去記事で「Windows10の仮想テスクトップ」という機能もご紹介しています。

よかったらどうぞ。

といったところで、今回はこのあたりで失礼します。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました