ポイ活 お道具箱

ご自由にご活用ください!(私も嬉しい)

スクロールできます

ポイントサイト

銀行・証券・クレカ・プリカ

  • 第一生命NEOBANK
    ↓招待コード
    oFv6PT9
  • みんなの銀行
    ↓招待コード
    QJBqSpey
  • 大和コネクト証券
    ↓招待コード
    DDTFQGAC
  • エポスカード
    ↓ご紹介番号
    23071456281
  • IDARE
    ↓招待コード
    qyj51t
  • B/43
    ↓招待コード
    9K804P
  • Olive
    ↓招待コード
    SF00149-0048801
  • 楽天銀行
    ↓招待コード
    P30004498
  • 楽天銀行 第一生命支店
    ↓招待コード
    D25933370

競輪

その他

  • Amazonプライム会員
    招待リンク
  • カウシェ
    ↓招待コード
    IINBXQ
  • mineo(招待リンク
  • 楽天Car車検
    ↓招待コード(2026年3月12日まで有効)
    BM79LOW9
  • 楽天フリマ
    ↓招待コード
    EBvaU
【終了日未定】楽天モバイル/再契約もOK:大規模バラマキ中14,000P

【IDARE/イデア】具体例で理解。年率2%「スマート積立アプリ」という名のVISAプリカは結構使える(修行にも)

  • URLをコピーしました!

<景品表示法に基づく表記>本サイトの情報には、商品・サービスPRを含む場合があります。

IDARE(イデア)は、クレカからチャージできるスマート積立アプリ

リアルカードが発行でき、VISAプリペイドカードとして利用可能。

  • VISA加盟店で利用可能
    (ガソスタや公共料金等はNG:公式ページ
  • 支払時のポイント還元なし
  • VISA・Mastercard・JCBAMEXからチャージ可能
    (JCB・AMEXは2023年1月5日~対応
    (一部、チャージ不可・ポイント付与対象外あり…後述)
  • 3Dセキュア対応
    PayPay等のスマホ決済に紐づけ可能
     ※PayPayは2024年12月まで
  • 月の平均残高に対して年率2%のボーナス付与
    (ただし、上限は当月入金額の20%

最後のボーナス付与が、結構わかりにくい…。

ということで、具体例を用いてご紹介。

ぜひ最後までご覧ください。

スクロールできます

【6/7まで
IDARE「招待CP」

  1. アプリをインストール
  2. ユーザー登録時に招待コードを入力

招待コード

qyj51t

  1. 本人確認申請をする
    • 6/7まで申請が必要
    • 6/14(18:00)まで登録完了が必要
  2. 合計2,000円以上入金
    • クレカからのチャージも対象

上記達成で
6月下旬:
1,200円分のイデアボーナス付与

\無料のバーチャルでも十分便利

目次

なぜボーナス付与が「わかりにくい」のか?

  • 「月の平均残高に対して」年率2%
    (そもそも「月の平均残高」は、把握しづらい…)
  • 付与上限:当月入金額の20%

個人的に、IDAREの「ボーナス付与」わかりにくさの根源

月の平均残高に対して

とある点です。

公式ページより

普段使いのVISAカードとして利用するなら、画像のDay2のように、決済利用で残高が減る日も。

そうなると「じゃあ、結局、月の平均残高はいくらなの?」

となってしまい、把握しづらいです。

さらに

付与上限(当月入金額の20%)もあるので、ますますボーナス付与額イメージしづらい。

個人的には、ここら辺に「わかりにくさ」があると思います。

ということで

ボーナス付与の具体例(30万円を保有。毎月2,500円を出し入れ)

ここでは、シンプルに理解するため、次の前提とします。

決済では利用せずボーナス獲得のみを目的」とする
(これなら平均残高が把握しやすい)

やることは次の2点
  1. 30万円IDAREで保有し続ける
  2. 2,500円毎月出し入れ
任意のカードから自動チャージ

毎月500円GET

実質、毎月の作業としては、IDAREから2,500円を出すだけ
(B/43、アマギフなどでOK)
※Revolutは2023年5月17日~「チャージ手数料1.7%発生」のため非推奨

ここがポイント
  • どの日も残高が30万円
    つまり、月の平均残高30万円

このようにシンプルに考えると、意外と理解が進むかと思います。

なお、獲得した500円分のボーナスからチャージした残高は、付与対象残高に含まれません(参考:公式)

ママ

複利効果が働かないので、翌月に「2,500円をB/43等へ移動」させる際に「獲得した500円分」も併せて移動させるのが吉

IDAREへのチャージ限度額について

公式ページより

IDAREのチャージ限度額は100万円

資金の拘束」「運営会社の破綻リスク」「各種プリカ等へのチャージルートの封鎖リスク」などを勘案して、無理のない範囲での取り組みが吉。

ここまでは「ボーナス付与」についてフォーカスしてきました。

とはいえ、IDAREはプリペイドカードとしても優秀

もう少しだけ踏み込んで、終わります。

プリペイドカードとしての側面(主要ブランドのクレカからチャージ可能)

2023年1月5日「JCB / AMEX」からのチャージが可能に。
(参考:公式ニュースリリース

これにより…

「Visa / Mastercard / JCB / AMEX」からチャージ可能に
(3Dセキュア2.0対応は必須)(プリカなど一部対象外あり)
(参考:公式「カードで入金するには」)

ママ

クレカ修行にも大活躍

主要プリカとの関係性

このあたりの状況は、日々変わりやすいです。

2024年5月11日時点参考情報として捉えてください。

〔入口〕主要プリカとの関係性
  • Kyash(5万円/月まで0.2%還元)→IDARE
  • Kyash→IDARE

2024.3.21~
「Kyash→IDARE:チャージ不可」へ

  • Revolut→IDARE
  • B/43→IDARE
  • MIXI M(旧6gram)→IDARE
  • au PAYプリペイドカード→IDARE
  • TOYOTA Wallet→IDARE
〔出口〕主要プリカとの関係性
  • IDARE→B/43
  • IDARE→モバイルSuica
  • IDARE→Amazonギフト
  • IDARE→Revolut
    ※Revolutは2023年5月17日~「チャージ手数料1.7%発生」のため非推奨
  • IDARE→Kyash
  • IDARE→MIXI M(旧6gram)
  • IDARE→au PAYプリペイドカード
  • IDARE→TOYOTA Wallet

さいごに

今回は、IDAREのわかりにくい部分を具体例で紹介してみました。

クレカでチャージした残高に対し、ボーナスがもらえる面白いサービスなので、上手に付き合っていきたいところです。

我が家の活用法

詳細はコチラ

スクロールできます

【6/7まで
IDARE「招待CP」

  1. アプリをインストール
  2. ユーザー登録時に招待コードを入力

招待コード

qyj51t

  1. 本人確認申請をする
    • 6/7まで申請が必要
    • 6/14(18:00)まで登録完了が必要
  2. 合計2,000円以上入金
    • クレカからのチャージも対象

上記達成で
6月下旬:
1,200円分のイデアボーナス付与

\無料のバーチャルでも十分便利

といったところで、今回はこのあたりで。

最後までご覧いただきありがとうございました。

今アツいキャンペーンまとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次表示
最初へ
目次
閉じる