オール電化でも乾太くんは導入可能!気になるプロパンガス代は?

家づくり

新築時、ガス衣類乾燥機「乾太くん」の導入を検討される方も多いはず。

疑問
疑問

「オール電化だと乾太くんは導入できないよね…」

と諦めかけているあなた!

この記事では、

  • オール電化住宅に「乾太くん」は導入できる?
  • 「乾太くん」のプロパンガス代の目安は?

といった点を、実際にオール電化住宅に「乾太くん」を導入した僕が紹介します。

結論から言えば、別途ガスの契約をすれば、

オール電化住宅にも「乾太くん」は導入できます。

そして、ちゃんと業者を選べばプロパンでも「ガス代は想像以上に安い」と感じています。

「乾太くん」は超便利なので、オール電化だからという理由だけで諦めないでください!

パパ
パパ

本記事では、我が家のガス代の請求書も公開します。

ネットでは、乾太くんのガス代は「1回あたり○○円」みたいな情報が多いです。

ただ、「基本料金を含んでいるのかが不明」だったりと前提があいまいなケースも…

実際には「1回あたり○○円」というより、「普段どおりに洗濯を行った際の1か月分のガス代」を知りたいはず。

その辺の金額感も参考になれば幸いです。

「乾太くん」とは【簡潔に】

我が家の「乾太くん(デラックスタイプ・5kg)」
我が家の「乾太くん(デラックスタイプ・5kg)」

乾太くんはリンナイから販売されているガス衣類乾燥機。

  • 5kgの洗濯物を約52分で乾燥

→洗濯物を干す作業を人生から排除

アツく語りだすと本題からそれるので、気になる方は公式HPをご確認ください。

ここでは乾太くんは最高ということだけ伝えておきます。

ホームランドリー化計画 - リンナイ
リンナイ株式会社のガス衣類乾燥機乾太くん:ガスのパワフル乾燥でたくさんの洗濯物をふんわりフカフカの仕上がりに。家事の負担も乾太くんで軽減できます。

我が家の家族構成・使用頻度など

・オール電化住宅(富山市)

・都市ガス供給エリア

→プロパンガスを使用(サカヰ産業(株) 「エコ得 超割3」

サカヰ産業(株)のガス乾燥機割引プラン
サカヰ産業(株)のガス乾燥機割引プラン【https://www.sakaisangyo.co.jp/business/life/ecotoku/より引用】
パパ
パパ

「プロパンガス」は取扱業者が結構あります。

基本料金のほか割引プランの有無も確認し、トータルで業者を選びましょう。

・「乾太くんデラックスタイプ(5kg、型番:RDT-52SA)」を設置

・3人家族(30代夫婦と2歳の息子1人)

・「乾太くん」は月15回ほど使用(2日に1回ほど)

オール電化住宅での「乾太くん」導入について

我が家では以下のオール電化プランを採用。

  • 北陸電力(株)「くつろぎナイト12(節電とくとくプラン)」
北陸電力株式会社 くつろぎナイト12(ご家庭向けメニュー)

ここで次の点が気になります。

疑問
疑問

乾太くん用にプロパンガスの契約をすると、オール電化プランに入れないのでは?

でも、結論は加入できました。

北陸電力のオール電化プランの加入条件は

エコキュート等のヒートポンプ式給湯器をご使用のお客さま」となっています。

エコキュートさえ設置すれば、問題なく加入できる!

ということで、我が家ではオール電化を採用しつつ、「乾太くん」のためだけにプロパンガスを導入しています。

電力会社によって異なる可能性もあるので、ご自身の電力契約をご確認ください。

我が家のガス代(2021年6月)

オール電化住宅に「乾太くん」を導入した僕が、約1年使用してわかったガス代のリアルをご紹介します。

次の画像は2021年6月分の請求書です。

2021年6月分のガス請求金額

請求金額は税込2,748円

(内訳)

  • 基本料金1,900円+税=2,090円
  • ガス使用料金598円+税=658円

※割引もしっかりと適用され、標準価格の19.9%引きとなっています。

注目すべきは、支払額2,748円のうち基本料金が2,090円(1,900円+税)と全体の約76%を占めている点。

一方、ガス使用料金は658円(598円+税)とほとんどかかっていません。

つまり・・・

大半を占めている基本料金は定額なので、

たとえ、平均的な月より多く「乾太くん」を使用しても、たいして請求額は増えない!

パパ
パパ

極論、1回も使用しなくても基本料金の2,090円がかかるし、15回くらい使用しても今回の2,700円程度。

仮に20回使用しても、3,000円もいかない程度です。

実際、我が家(3人家族)のガス料金は毎月2,500円~2,800円の範囲に収まっています。

なので我が家では、1回あたり○○円とは考えず、

毎月3,000円未満のガス代で、洗濯物を干すストレスをゼロ

といった感覚で乾太くんをガンガン回しています。

非常に気が楽ですよ。

まとめ

好みにもよりますが、我が家はIHクッキングヒーターやエコキュートを使いたかったので、オール電化一択でした。

でも、乾太くんはどうしても譲れなかった。

ということで、オール電化住宅に「乾太くん」を導入した我が家

感想としては、全然アリです。

当初心配していたガス代も、実際のガス使用量は微々たるもので、請求額の大半は基本料金が占めていることがわかりました。

3人家族がガス代を気にせず使って、月3,000円未満

乾太くんの便利さを考えれば非常に安いと感じています。

ガス代は地域差も多少はあると思いますが、参考になれば幸いです。

乾太くんは本当に最高なので、迷っているなら是非とも導入されることをオススメします。

といったところで、今回はこのあたりで失礼します。

パパ
パパ

過去に長々と乾太くん愛をつづった記事があります。

今回の記事とも被る部分がありますが、リンクを貼っておきますのでよかったらどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました